ペット火葬についてのよくある質問

〒530-0026 大阪市北区神山町10-13-502 営業時間24時間 TEL:0120-24-1194

ペット火葬大阪市TOP > ペット火葬についてのよくある質問

ペット火葬についてよくある質問を今回はまとめてみました。

ペットの火葬の際に一緒に燃やせれる物、副葬について

やはり、家族として、お過ごしされたペットに対して、ペットが日ごろから接してきた日常品や玩具などを入れたい。

等といったご相談を多く頂きます。

飼い主の立場に立った際、私自身、ペットを飼っている事もあり、一緒に連れていってあげたいといった気持ちは本当によく分かります。

しかしながら、お骨の区別がつかなくなってしまったり、不適切なもの、または火葬を行うにあたって、公害問題に発展するようなものも中には御座いますので、火葬時に一緒に入れれるものと入れれないものを今回、ご紹介します。

※ご紹介しきれないものも御座います。

別途ご相談頂けましたら幸いで御座います。

火葬時に一緒に入れれるもの

  • 食べ物(日ごろから与えていた食べ物や好物だったもの)
  • 玩具(プラスチックやガラス、金属以外のもの)
  • お手紙等の紙製品
  • お花

※材質にもよりますので、例外も御座います。
ご了承の程、宜しくお願い致します。

火葬時に一緒に入れれないもの

  • くぎやネジ等を含む金属製品
  • 化学繊維類、プラスチック等
  • 人形類
  • 布団等
  • ダンボール類

上記のものを火葬時に一緒に入れてしまうと、煙による公害が発生したり、不完全燃焼になる可能性が御座います。

またネジなどに関していえば、通常の温度よりも急激な温度が上昇し異常燃焼となるケースも御座います。

小動物などに限っては、火葬を行う事によりお骨が残らない場合も御座います。

こちらの質問に関しては、小動物の火葬についてで回答しておりますので、ご確認お願い致します。

小動物の火葬について

ペットの火葬や供養についての手順、だんとりはどうしたらいいですか?

だんとりや手順についてはこちらのページをご覧下さい。

お申込み後の流れ

こちらでも解決できない場合は、お電話またはお問い合わせにてご質問頂けましたら、お客様が解決されるまでお付き合いさせて頂ければと思います。

また個別火葬やスタッフに一任など様々なプランなどが御座います。

ペットの火葬をされる機会が飼い主様自身慣れていらっしゃる事が稀であり、初めて経験が大半で、どうしたらいいかわからないといった事が言えるかと思います。

その際に不安や心配事等多々あるかと思いますが、当スタッフにお気軽に気兼ねなくご相談ください。

他で火葬をしてしまったのですが、埋葬、納骨だけは行えますか?

火葬を他で行い、その場では決められず、お骨だけ一旦持って帰られた方が、埋葬納骨のご依頼を頂く事が御座います。

その際も随時ご相談頂けましたら、お答えさせて頂きます。

立会い火葬をする事は出来ますか?

個別火葬にて承っております。

従いまして、立会い火葬は可能です。

火葬をする際の費用について

こちらのページにてご紹介させて頂いております。

料金のご説明

重さで料金が変わります。

お見積もりだけでも承っておりますので、お問い合わせいただきますよう、宜しくお願い致します。

火葬はどこでするんですか?

当霊園がある、極楽寺で行います。

極楽寺は御本尊、阿弥陀如来坐像(国指定重要文化財)をはじめ1400年の歴史が残した、数多くの仏像や書物を保持している歴史ある寺院です。

本堂裏にございますご神木の元に霊園はございます。

また、訪問ペット火葬も行っております。

ペット火葬車で訪問し、火葬を行わせていただいております。

訪問可能エリアにつきましては、大阪市内全域、奈良県、三重県、兵庫県、京都と広範囲になります。

またその際は、別途お申し出頂けましたらご回答させて頂きます。

火葬時間はどれくらいかかりますか?

火葬時間に関しましては、ペットの種類、重さなどによって変わります。

変わりますが、最低でも1時間以上はかかるものとお考え下さい。

四十九日などは行えますか?

行えます。

その際は極楽寺で行います。

火葬を行う際等にスタッフにお伝えください。

ペットが亡くなってからいつまでに火葬をするべきですか?

夏場や冬場によって変化しますが、基本的には即日にされるのが一般的です。

一晩一緒に過ごされる方もいらっしゃいます。

気温が低ければ数日安置する事も可能です。

夏場などの気温が高くなる場合、しかしながら数日安置しなくてはならない場合等においては、安置している部屋などの室内温度を下げて安置すると良いです。

また、長期間安置する場合、出来る限り空気が逃げない箱に安置し、ドライアイスを入れ安置して下さい。

最後に

こうやって見るだけでも、疑問や不安が必ず出てきます。

なぜならば、生ある者として、存在していた事により、全てが定められたある一定の基準だけでは解決しない為だと思っております。

また解決してはならないと思います。同じペットは存在しない唯一無二の存在な訳ですから。

出来るだけ今まで頂いたご質問を元にこうやって記載させて頂きましたが、これだけに限らず、都度疑問点や不安な点がございましたら、是非お電話またはお問い合わせくださいませ。

ご回答の方をさせて頂きます。

ペット火葬についてのよくある質問一覧