心打たれるペットにまつわる詩

〒530-0026 大阪市北区神山町10-13-502 営業時間24時間 TEL:0120-24-1194

ペット火葬大阪市TOP > スタッフブログ > 心打たれるペットにまつわる詩

犬の十戒(じっかい)をご存知ですか?

「虹の橋」と共に作者不詳のまま広く世界に伝わっているペットにまつわる英文の詩です。

犬と人間の望ましい関係を犬が人間に語り掛ける内容です。

初めて見る方には是非読んでいただきたい文章です。

犬の十戒(日本語訳)ウィキペディアより抜粋

1私の一生はだいたい10年から15年です。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しいのです。

2あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しいのです。

3私を信頼して欲しい、それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのですから。

4私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。

5時々話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は十分私に届いています。

6あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れません。

7私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めているのです。

8私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか気づいて下さい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。

9私が年を取っても、私の世話はして下さい。あなたもまた同じように年を取るのですから。

10最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです。このようなことは言わないで下さい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが側にいてくれるから最後の日も安らかに逝けるのですから。忘れないで下さい、私は生涯あなたを一番愛しているのです。

いかがでしたでしょうか?

私はこの文章を見ると飼っている子にいつも以上に優しくなります。

犬の十戒には原典がありノルウェーのブリーダーが犬の買い手に渡していた「犬からご主人への11のお願い」が元だそうです。

続きまして、「虹の橋」という詩をご存知ですか?

「犬の十戒」と同様に有名な、広く世界に伝わっているペットにまつわる英文の詩です。

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、

みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、元のからだを取り戻すのです。

・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさのこと・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

いかがでしたでしょうか?

この虹の橋は作者不詳とされていますが、この詩の後に続く詩もいくつかあります。

私はこの詩が好きです。もし私が虹の橋を渡る際には、私と共に過ごした子たちと会うつもりで今を過ごしています。

最後の詩です。

最後は雨降り地区と言います。

初めて読んだとき、私は初めて亡くした子の事を思い涙しました。

「雨降り地区」は世界でも有名な詩、上記にも記載させて頂きました「虹の橋」をもとにアレンジされた詩で作者は日本の方で芝山弓子さんという方が創作されました。

雨降り地区(一部抜粋)

幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入り口に、「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。

そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、 動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、 特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、 仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。

ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、 ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、 とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、 同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。

同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。

地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、 「虹の橋」を創りあげているです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。

そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。

束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。

癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。

「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

いかがでしたでしょうか?

私はこの詩を読んで心がかなり救われました。

悲しい気持ちが無くなるということではなく、前を向いて行けるようになるのです。

ペットが何故自分と出会ったのか?

よく考えさせてくれる詩です。